自宅サーバー作製記
ドメインの取得 2005.7.24


 今までダイナミックDNSサービスを行っている”MyDNS.JP”から”suga.mydns.jp”というドメインをもらって運用していました。このサービスはダイナミックDNSサービスとともに無料で受けています。しかし、やはり自分のドメインで運用したいと思い現在の”suga.bz"というドメインを取得しました。2006.11.6にsuga.bizを取得しDNSを変更しました。
 ドメインの取得はレジストラとよばれるドメイン名の登録申請を受け付ける組織で取得できます。日本にもいくつかあります。レジストラリンク集 もちろん海外のレジストラでドメインを取得してもいいです。私は英語が苦手なのでサポートが日本語で受けられる日本のレジストラでドメインを取得しました。後にDNSサーバーを立てたときにレジストラのサポートを受けました。

1.ドメインの検索


どのレジストラでもこのようなドメイン検索があります。ここで希望のドメインがあいているかどうか確認します。あいていれば、そのままドメイン取得の手続きをすればいいのです。
あいていない場合はドメイン名を変えて検索します。suga.bzの場合はsugaと入力して希望のTLDを選んで検索したところccTLDであるsuga.bzがあいていたので手続きをして取得しました。 またにレジストラで検索すると希望のドメインが空いている可能性があります。gTDLのsuga.bizはこうして取得しました。
希望のTLDがないときはsuga-jpのように名前を変えて検索するといいでしょう。私のもうひとつのドメインのsuga-jp.comはこのようにして取得しました。

2.手続き



ドメイン名が決まったら、申請します。ここでひとつ注意があります。あいているドメインでも、同じようなレジストラが数多く存在しますから、別の人物が手続き中かもしれません。そして先に手続きが完了すると、そのドメインは取れなくなってしまうことがあります。

手続き自体は必要事項と料金支払い方法を記入して送信するだけなので簡単に終わってしまいます。あとから手続きが完了した旨を伝えるメールが届きます。この時点で運用開始できるものがほとんどです。
メールにはドメインを管理するためのユーザーIDとパスワードが添付されています。

3.ネームサーバーの登録



ドメインが取得できてもネームサーバーが設定されていなければ使えません。そこで左のような管理画面を使ってネームサーバーを設定します。
私が利用したサービスではネームサーバーの登録画面がなくここからはネームサーバーの登録ができませんでした。そこでレジストラに質問したところネームサーバー名とIPアドレスを教えてもらえばこちらで登録しますということでしたので

ネームサーバー名:ns2.suga.bz DNSサーバーについてはこちらを参照
IPアドレス     :219.121.7.68

を連絡したところすぐに登録完了を知らせるメールが来ました。そこでこのネームサーバーをマスターに設定しました。スレーブは海外の無料サービスを使っています。(詳しくはDNSサーバーのコンテンツに書きます)

現在(2006.11.9)は管理ツールを使って自分で立てたDNSサーバーを登録できるようになっていますのですぐに登録ができます。(bizドメインでは)また、このドメインではDNSサーバーを必ず2台登録しなければなりませんので、セカンダリDNSサーバーは無料のxname.orgを使いました。xname.org
 

4.確認
最後にWeb上で確認します。通常ネームサーバーを設定してから反映するまで1日〜3日程度かかります。私のノートPC(アットフリード・mopera)で確認できるまで1日半かかりました。時間がかかるのでネームサーバーが正常に動作しているかどうかは1日〜3日、待たなければ分からないわけです。

2006.11.9にDNSサーバーの設定をsuga.bizように書き換えたところ、5分程度で反映しました。



コマンドプロンプトから
nslookupコマンドを使ってns2.suga.bizの情報を調べているところです。きちんと動作していればもちろんドメインをブラウザに入力すればWebページが表示されます。
最後にドメイン名は契約時期が過ぎても契約更新されなければそのまま無効になってしまいますので注意が必要です。レジストラから通知が来る場合が多いので通知が来たら更新でいいでしょう。この辺の事情はレジストラによって違うでしょうからよく確かめましょう。

2006.11.6
ドメイン suga.biz を取得することができました。2006.11.9にsuga.bzより変更しました。
 

Page Top


前項 Information 次項